読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

不動産買取をすぐに!不動産業者への売却は正解か否か?

不動産買取をすぐに!不動産業者への売却は正解か否か?

 

不動産をすぐに売却したい(買取に出したい)と思った時に何をすればいいのか?

実はREDS(レッズ)の様に仲介手数料が無料で売却できる場所もあります。

 

仲介手数料が最大で無料となっていますが、不動産は世の中の中でも価値が高いです。

 

どうでもいい風に考えると

バッチリな場所を利用した人と比べて100万、200万の差は当然の世界です。

 

「どこが良いのか」ではなく

「無難な場所」を調べておいて自分で

質問するか、インターネットや情報誌を調べるか、「無難」で決めるかです。

 

不動産買取と検索して「売却したい」

と表示されるのはあなたの買取してくれる場所を結果に出しています。

 

要するに、買取してくれる業者を

検索に出し、結果的にあなたが「売却」する事になります。

 

買取でも売却でも考え方が多少違うだけです。

それは、さておき今回は不動産業者への売却は損なのか得なのか載せています。

 

結局のところ、不動産買取(売却)は買取か仲介か?

簡単に説明しておくと、仲介は購入者を探す事。

買取は不動産屋があなたの物件を購入する事。

 

不動産買取にはこの2つしか世の中に存在しません。

もちろん、知人に渡すなどのレアパターンはのぞきます。

 

不動産買取は基本的に仲介の方が金額は高くなります。

そして、買取は安くなります。

 

これだけだと、仲介の方が良く見えます。

しかし、少し考えると「仲介は絶対に売れる」訳ではありません。

 

ごちゃごちゃする前に仲介と買取のメリット、デメリットをまとめます。

 

【不動産仲介によるあなたの物件を売るメリット】

不動産の価値以上で売れる可能性がある

不動産屋が勝手に購入者を探してくれる(3ヶ月~6ヶ月が目処)

時間が掛かるが、結果的に高い金額で売れる

 

【不動産買取によるあなたの物件を売るメリット】

不動産物件が売れない可能性が0%

すぐに現金を受け取る事ができる

瑕疵担保責任がない

諸経費が掛からない

仲介手数料が掛からない

売却した事を隠しておける

一般の人が物件を見に来ない

面倒な手間があまりない

 

 一見してみると、買取の方がメリットに考えられます。

どちらがいいかと言えば、長い目で見て仲介を選ぶ人もいます、と言う程度。

答えを出す前に双方のデメリットを参照しましょう。

 

【不動産仲介によるあなたの物件を売るデメリット】

仲介手数料が掛かる

物件がなかなか売れない(売れない場合あり)

現金がいつ入るか分からない

瑕疵担保責任を負う(問題があった時にお金を支払う事になる事)

 

【不動産買取によるあなたの物件を売るデメリット】

不動産仲介より、物件価格が低くなる

仲介の場合、950万円で売れても買取の場合700万円など。

時間関係なしに即時でお金が決まってしまう

 

この様になっています。前述した通り、200万円の差が出る程買取は低いです。

要するにかなり損します。上記の例では1000万円の物件で計算しています。

 

買取の方が低い理由は不動産屋

がリフォーム代金や広告宣伝など諸経費を考えるためです。

 

と言っても、これを承知の上で「買取」の方を選ぶ人も多いです。

結局は即現金が欲しいか、今すぐでなくていいのか?です。

 

仲介の疑問。売れなかったら物件はどうなる?

時間を待ってもいい、と言う方が気になるのは売れなかった場合です。

答えを言うと「物件は預けっぱなしではなく、他の業者に変えられる」です。

 

どういう事かと言うと仲介は

不動産業者にあなたの物件を買ってくれる人を探します。

 

この時に売れなかった場合もあるはずです。2ヶ月、最高で3ヶ月で十分です。

もっと長く待っても良いなら、本当に最高で6ヶ月。

 

売れなかったのではなく、売らなかったのならどうでしょうか?

そうなのです。仲介で売るより、不動産買取の方が安く収まります。

 

業者も面倒でないですし、お金が全然違います。

もっと丁寧に説明すれば、ちょっと違う部分もありますが、十分な知識です。

 

1、不動産屋があなたの物件情報を出していない

2、そもそも、活動自体していない

3、わざと待って「値下げすれば売れるかも?」と言ってくる

 

先に述べた様にあなたの決めた期間、売れなければ業者を変えても良いです。

中にはREDSの様に仲介手数料が最大無料になる場所もあります。

 

不動産業者全てが最高の場所ではありません。

10円、20円でも勿体ないと言う人もいますが、100万、200万レベルです。

 

ちょっとだけ、お金にうるさくなっても問題ないのが不動産買取です。

それほどにお金に関しては、色々起こると考えて下さい。

 

今回はここで、記事を終わりにします。

では、また次回!!