不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

賃貸情報誌は信用に足りる?

賃貸物件を探す時に多くの人がインターネットと住宅情報誌などを閲覧すると

思います。

 

そこで、本当に賃貸情報誌は役に立つのかどうかを記載します。

 

1、賃貸情報誌の情報は時間が経っているものばかり

 

これは決定的な事で、不動産屋に直接行く方が時間の無駄になりません。

売られている、もしくはフリーペーパーなども重要な位置で

情報が少し古い物となっています。

 

だからと言って全く役に立たないかと言えばそうでもなく

 

誌面に載っている情報だけでは足らない事を覚えておきましょう。

 

賃貸物件を探す方法としては

1、WEB検索

2、賃貸情報誌

が重要で、時間効率を考えると、不動産屋に直接行くよりも簡単です。

しかし、簡単な分、情報が少ないのが賃貸情報誌の欠点です。

 

ネット上で問い合わせをしたりすると、未掲載物件などを教えてくれるので

利用して損はありません。

 

インターネットを検索する事で起きるメリットもありますが、

時間が膨大に掛かります。

 

これは掘り出し物を見付ける方法として最適ですが、

時間の消費に気を付けましょう。

スポンサーリンク
/   /

 

実際に賃貸情報誌を閲覧すると、色々な物件情報が載っていますが、

相場などと合っているかまでは分かりません。

 

今の世の中ではインターネットで簡単に相場を調べられます。

賃貸情報誌はある程度の情報と言う事にしておきましょう。

 

まとめ

1、賃貸情報誌を最終的な判断にしない

2、未掲載物件を見付けるために不動産屋に電話する

3、インターネットをフル活用する

 

これを知っておく事で相場が最適かどうかも知る事が出来て、一石二鳥です。