不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

賃貸物件に住むメリット!買うのと、どっちがお得なの?

家族が増える事も考えて賃貸物件に住みたい!

と考える人も多くいると思います。

 

では、賃貸物件に住むメリットは何なのでしょうか?

 

・自由度がある、経済面でお得、精神面でもお得。

 これは分かる気がしますよね!

 

自由度があるの項目は

 

・好みの生活スタイルに合わせる事が出来る!

・転勤してもすぐに引っ越せる

・ライフサイクルの変化に対応可能

・近隣トラブルも気にならない!引っ越せばいいやになる!

・ペットが飼えるところも多くなってます

・環境が変わっても、引っ越せば不安もなし!

・飽きやすい人も住む家を変えれば、新居と同じ感覚になる!

 

~精神面~

・修繕費用が掛からない、固定資産税関係なし、都市計画税もなしなし!

・維持費・・要するに壊しても大家に頼めば良い!(やってくれないところあり)

・多額のローンはないですね

・収入が激減しても、引っ越せば生活を取り戻せる!

 

~経済面~

・多額のローンに迷う心配なし

・不動産資産の損失にならない

地震津波など災害も気にならない(持ち家だと損失が大きい)

 など数多くありますね。

 

結局はマンションを買うのも賃貸物件を借りるのも掛かるお金に大差がない

と言う事が重要。

スポンサーリンク
/   /

 

48年間の総計で見た感じで紹介されていたサイトがありましたが、

頭金、住宅ローン、管理費、総額などから計算しても

全く変わりなしです。

 

持ち家の方が安心出来るな、と言う人に無理に借りた方が

良いとは言いませんが、以外と多いメリットは

賃貸物件の強みとなります。

 

持ち家と賃貸はどちらが比率が多いのか見て見ましたが、

現在の統計では(2015年)、20歳~30歳位までは

賃貸の割合も大きくなっています。

 

が、40歳を超えた辺りで、急激に持ち家率が多くなります。

これは住宅ローンの返済よりも、賃貸物件から脱出し、

持ち家の夢を叶える人が多いからだそうですね。

 

実際に統計では30万人位の差が出ているので

賃貸物件を借りるのも30歳位まででしょうか。

 

~まとめ~

不動産に関するアドバイザーもいるので、

そちらも頼りになります。

 

今後も法律の変化で変わる可能性はありますが

賃貸物件に住むメリットは多数あるのが分かります。

 

急ぐ必要がないならじっくりと考える事も

大事です。

 

不動産店も現在では無理に勧誘はしないので

気軽にメールや電話で聞いてみるのも良いですよ!