読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

賃貸住宅の探し方で残念な行動とは!?賃貸住宅の探し方にもなります。

 

夫婦で衝突する・・・。

ありますね。男性と女性は考えが違います。

 

楽しいのにストレスがたまる・・・

会話がはずまなくなる・・・

 

出来れば避けたいはずです。

ここでは男性、女性で賃貸住宅を探す時に残念な行動とは何か?

と言うのを紹介します。

 

女性が感じる男性に対する残念TOP10!!

1、 仕事が忙しい・・・はい?

2、 駅から近くないと!!!(通勤時間)どうでもいいんですが。

3、 「今、ちょっと待たない?」じゃ、いつ?何回待つの?明日?

4、 「聞いといてくれない?」夫婦の問題だろ??

5、 「資産価値が」・・・何それ?

6、 「借金がなあ・・・」・・・大丈夫、期待してないから。

7、 「これくらい大丈夫でしょ~!!」・・まあね~。

8、 「ローンさあ・・払うの・・俺(僕)だよね?」・・だから?他に誰がいるの?

    買うんだからそりゃそうでしょ?

9、 情報優先!!・・・・何もないから!!!

10 、親からの援助はなしなし!!・・・じゃ何で私の親はいいの?

 

偉くなったものですね。夫婦の問題全くなし。「結局、仕事かよ!」

と「つっこみが入る確率75%」とテニスの誰かに言われそうです。

 

冗談はさておき、住み心地を考えてないとか、モデルルームの予約

を女性にまかせっぱなしと言うのが多い様です。

 

任せると言った割には文句が入るなど女性ががっかりする事

は間違いなしです。

 

女性からすると借金がいやと言う癖に通勤時間はしっかり言う

のが「本当に考えてるの?」と言いたい様です。

 

最近だとインターネットで情報ばかり見るのも癖の様です。

情報を求めて肝心の物件を見に行かない・・・と。

 

最終的には結局時間が過ぎて後悔するか

「疲れてるから」とかが次点であります。

 

論理的、最終的に考えるのが男性です。

女性からすると行動が大事なのでしょう。

 

男性から見る女性で「はあ~・・」となる行動TOP10!

1、 「絶対これ!!」と決めつける(検討なし)

2、 「大丈夫だよ~」と言う。考えてないだろ?

3、 「私が大変なんだよ?」何度もこのセリフ・・・聞き飽きた。

4、 「だって私が稼いでないもん」最後はお金の事が分かりませんか?

5、 「せっかく買うんだから」お金使い過ぎでしょ?

6、 「これいい!!最高~~!!」いちいち騒がなくても・・・。

7、 「ねえねえ!聞いてる!?」感想長いです・・疲れ2倍です。

8、 「あの人がさあ、良いって言ってたよ?」人の意見かよ!

9、 「この町(区)じゃないとダメなの!!」知らない場所は嫌・・なの?

10、「やっぱこっち!あ、でもそっちもいいかも!」

    気が変わるのが早い・・・。ショッピングか??え?

 

致命的なのが契約した後に「やっぱあっちかなあ?」です。

さすがに男性も参った様で気分がぶち壊しだそうです。

 

男性は将来を考えているのに対し、女性は「今」が大事な様です。

男性は上手に女性の言い分を聞く事が大事です。

何も聞いてなかったらどうでもいい話でも怒ります。

 

長くても「うるさい!」と言ったら最後。

女性は全員そうなんだなと思って

諦めて下さい。

 

女性の中には話してる内に

何の話だか分からなくなる人

もいる様です。

 

自分の名前が「いいこ」だから「115」など

直感的に決める可能性もあります。

 

直感に頼る事が多く、意見や気分が変わりやすいのが

特徴です。

 

しかし、欠点として総合的に考えていないのが

女性です。

 

 

まとめ

男性の将来性、女性の「今」が合わさる物件は

これ以上ない物件でしょう。

まさにラッキーそのものです。

 

実はじっくりと話す機会が少ないのが部屋探しです。

賃貸物件の探し方の重要なところとして

「話し合う事」があります。

 

一人暮らしとはまた違う項目ですが、

一大イベント並みに考えてもいいです。

住むところを決めるのですから納得もいくかと。

 

出来ればこのイベントをこなし

夫婦の絆を深めたいと言うのが

最終的な本音です。

 

そして、お互いの理解を深める事が出来れば

きっと良い物件が見付ける事が出来るはずなので

最後まで真剣になって探しましょう!!