不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

良い賃貸物件が駄目に!?不動産屋の選び方がの基本!

良い賃貸物件が駄目に!?不動産屋の選び方がの基本!

 

 不動産屋に行く時にどんな点を気にしているか?

これが一番大事で不動産屋に行くのをいつから

にするかも部屋探しのコツとなります。

 

部屋探しのコツとして重要な範囲にもあり

不動産屋に行って成功するためには

不動産屋の種類を知らないといけません。

 

顧客の希望条件を分かっているかと

言うのも重要ですし、物件の下見の

手配をスムーズにしてくれると言う

のも重要です。

 

事前に不動産屋に希望条件を伝えておく

と別の物件を探しておいてくれる場所

もあります。

 

しかし、中には営業マンの質によって

左右されると言う場合もあります。

 

インターネットが普及している今では

不動産屋も十分に情報を知っています。

中には独占物件や共有物件を持っている

不動産屋もいますが、そこまでの違いはないのです。

 

どの不動産屋に行っても出て来る情報は大体同じと言う

のを部屋探しのプロも知っています。

 

気持ち良くやり取りが出来るかを調べるために

何度かその会社とメールのやり取りをしてみる

と言うのもいい手段です。

 

結局は自分が「ここなら任せられそうだ」と判断出来る

場所が一番でしょう。

 

不動産屋の選び方と3つのポイント

■ 数が多い支店?■

紹介出来る物件の数も多く安心は出来ます。

しかし、このタイプの不動産屋は強引な営業が多い

と言うのが傷です。店内が明るいイメージを持って

いますが、デメリットとして帰るのが申し訳ない

と言う点があります。

 

■カタカナの社名が多く、加盟店の場合

・大家さんと連携していないパターンが多く

どこかの会社が扱っているいわゆる

「共有物件」ばかりです。

パラッと紙を見せて、最後に「不動産」「商事」と

記載があったら要注意。

どこでも探せる様な物件を見せて来ています。

入居審査が落ちる理由が「子供やペット禁止」

など見落としがちな部分が多いのも特徴。

周辺環境など気になる部分を流されてしまいます。

 

■地元の小さい場所

重要な点は掘り出し物が多くある

可能性が高い事です。

大家さんやその他の会社と連携をとっていない

ため、大物物件が残っている場合があります。

家賃交渉は期待出来ませんが、部屋探しの大きな味方

とも言えるでしょう。

 

アドバイスとしては

担当者の質です。周辺環境(静かですなどで終わらない)

や大家さんの状況など詳しく知っている人を探す事です。

部屋探しでこれを知っておくと他の人に十分な差がつきます。

 

部屋探しのおすすめの時期やポイントは?

 プロが教えるタイミングは

4月以降におすすめしている場合が多くなっています。

5~6月は空き室が少ない状態であり1~3月は混雑しています。

 

家賃の二重払いを避けるために大家さんと部屋探しを終わる時期

も確認しておきたいです。

 

大家さんの場合には空き室を作る事がデメリットになるので

入居者と大家さんの意見に食い違いが出る事があります。

 

物件には「フリートレント」と呼ばれる

一定期間家賃無料と言う物件もあります。

 

この様な物件がない場合には仕方がないので

家賃交渉をするしかありません。

 

聞きにくい家賃交渉のための専門コンサルタント

いるので、そちらに無料相談してみるのも良いですね!

 

部屋探しにおすすめのアプリやサイトが重要!

 出来る事なら半年前までに部屋探しを終わりたいおすすめの

気持ちはあります。

しかし、遅くても2ヶ月前までには住みたい希望やイメージ

を作っておきたいです。

 

1~3月は混雑していると言うデメリットもあり

4月の入居に間に合わない可能性もあります。

 

この時期を狙う時には半年前がおすすめです。

時間こそが最大の武器となるので

不動産屋の担当者の質なども考えて十分な時間が欲しいです。

 

賃貸情報誌などやインターネット検索をするのも良いですし

直接不動産屋に聞くのも意味があります。

電話なら営業を掛けられてもちょっと断れば良い

ので、ここは勇気を出して強気にいきましょう。

 

今では大手の賃貸サイトなども充実しており

通勤時間、ペットと住みたい、駅から検索

などの自分の妥協したくない条件からも検索出来ます。

 

もしかしたらの可能性で、新築物件を建てているなら

「優先交渉権」が獲得出来る可能性もあります。

 

ネットで良い物件を探し当てた時や不動産屋に電話した時に

「新築でどこか部屋ないですか?」

と聞くのも良いでしょう!

 

新築物件を希望する場合には、完成する前にネットに情報が載る場合

があります。

 

完成が先でもインターネットに情報が出ている可能性は十分です。

こまめにチェックするのも実は良い事なんです。

 

賃貸物件探しも選び方もマンション購入も

不動産と言うのは忍耐と集中力が大事と言う

コツがあります。

 

プロが早いもの勝ちな傾向が強いと

言う位なので、思い切って不動産屋

に聞いてみるのも良いでしょう!

 

内見のポイント~コツ100選へ~

 内見と言うのは物件を見る事です。

内部見学と言う略となっているので

物件の中身を見ると言う事ですね。

 

入居時した後に満足出来るかどうかは実は

この内見の時に左右されます。

 

重要なポイントは

・内部を見学する事

・周辺を見る事

・昼夜を見る事

・駅までに街灯があるか?

などです。

※詳しくはコツ100選を見て下さると光栄です。

 

一日で見れる物件数は平均で2~3件です。

大体の目安なので、一件を集中して見る

のも良いですし、比較のために見るのも良いでしょう!

 

賃貸マンションやマンション購入の時期とは?

 賃貸物件の探し方やマンション購入の選び方やコツ、ポイントは

どのインターネットサイトにも記載されています。

 

では、その後はどうなのか?

大体の流れとしては

物件が決まる→申し込み→審査→契約

となります。

大体は書類に目を通して印鑑なりサインなりで

おしまいで、不動産屋などが後はやってくれます。

 

申し込みから契約までは長くても2週間前後

なので、あまり長い場合には不動産屋に問い合わせても

良いです。1月~3月は混雑しているので、時間を一日、二日

は見ておきましょう。

 

MASTの場合だと、必要事項に記入後、身分証明書と申し込み書

があれば、即日で審査も出来ます。2日~3日あれば

出来て、審査に合格すれば、晴れて賃貸借契約です。

 

・契約時には年間所得証明書、住民票のコピー、印鑑登録証明書

 などの書類が必要です。これらは不動産屋によって違うので

 即日審査を狙っているなら、確認しておきたいポイントです。

 

賃貸物件退去時の手続きや時期を決めて連絡をする

 物件が決まって喜んでいる前に現在賃貸物件やマンションに

住んでいるなら、スムーズに退去するために退去通知をしましょう!

 

カギを返却、解約通知書などを送る、物件の原状回復をする

必要に応じてハウスクリーニングをする

電気、ガス、水道の閉栓手続きをする

ゴミを室内に残さない事(収集に2週間ほどです。)残すと費用が掛かる事

 もある

退去日と更新日が近い場合には更新日前に退去する事

 (更新費用が掛かってしまうため)

部屋探しのコツと注意点~まとめ~

 大事なのは不動産屋の種類を知り、探し方のコツを知って

退去をスムーズに行う事です。

 

契約のポイントやゴミを出すなど意外なところで費用が掛かる

のも重要なポイントです。

 

部屋探しにもベストなタイミングがあり、インターネットには

まだ建てている途中の新築物件もいち早く出ている可能性

もあります。

 

自分なりの希望条件をきちんと決めて、なるべく最初は

高く理想を持ち、物件を比較しながら段々と妥協点を

決めていく事が大事なのです。

 

MASTにはMASTクラブと言う住めば住むほどに

ポイントが貯まるサービスもあり、

suumoにはアンケート回答でギフトカードがもらえる

と言うサービスもあります。

 

部屋探しは競争ですが、とてもいい思い出になる大事な生活のポイントです。

不動産屋による違いをしっかりと見て税率の変化がいつなのかも考えた上で

最高の部屋探しをして、最高の物件に出会える事を願っています!