読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

共益費と管理費とは?

共益費用・管理費用とは?

 

共益費とは共用部分に使うための費用の事です。

軽い清掃をするための費用や電灯の交換代

エレベーターの保管料金、その保守。

 

そして、建物を維持するための積み立て金

となります。

 

共益費と管理費は実は同じ意味となっており

違いは分譲マンションの時を抜かして

変わりません。

 

大家さんによっては理解していない場合も

多く、家賃と一緒にしている事もあるのです。

 

家賃と同じにしていいと言うのは特に

法律で決まりもなく、大家に権限がある

と言って良いでしょう。

 

明確な提言は必要ないので、物件を見た時に

共益費と管理費がない場合には家賃などの料金に

含まれていると考えて間違いないです。

 

見た目的に家賃を気にする人が多くなっている

のも事実で、普通は家賃を気にすると思います。

 

その時の見た目で物件を安く見せる事が出来る

のが主な理由と思って間違いないです。

 

注意したいのは共益費と言うのはその物件全員

に掛かる費用なので、自分が使っていなくても

費用として掛かる事です。

 

トイレ、エレベーター、お風呂、洗面所

など全ての面を含めて住んでいる場所が

一階でもエレベーター代が掛かります。

 

結果的には家賃の一部と思っていれば

間違える事はないです。

 

共益費(管理費)は大家によってはしっかりと

管理している事もあり、「賃貸管理」が

上手く行っていると言う事になります。

 

しっかりと管理されているなら

きちんと共益費の使い方も聞けるはずです。

 

どこに共益費が使われているかを知り

自分のお金を守る事も大事です。

 

一例として、共有スペースがボロボロなのに

「共有スペースに共益費を使っています」

などの記載は怪しいです。

 

この様な物件を見付けたら、ちょっと疑って

それとなく聞いてみるのも無難です。

 

共益費も管理費も含めて、家賃とするのは単純に

面倒だと言う点もあるのです。

 

難しく考えずに結局、毎月の支出はいくらか?

と言う事を聞いたり、知ったりするのが

一番でしょう。

 

まとめ

 共益費も管理費も同じ意味と言う事は間違いなく

家賃に含めている事もあるのです。

 

単純に記載がない場合には家賃に含まれている

と考えていいです。

 

又、物件を安く見せていると言うだけなので

結局は毎月の支出がどの程度なのか?

と考える事が一番大切だと思って間違いないのです。