読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

完成前の賃貸物件は良いのか悪いのか?【契約と注意点】

完成前の賃貸物件は良いのか悪いのか?【契約と注意点】

 

完成前の賃貸物件と言うのは落とし穴が存在し

契約するにも賃貸探しするのも注意が必要なのです。

 

完成前と言うだけで何が不安になるのか?

それは、完成後の構図と完成前の構図が違う事

にあるのです。

 

そこに建つ事がないと言う事ではなく

中身が違うと言うのはなかなか

簡単な事ではなくトラブルになりやすいケースです。

 

不動産屋からの通知を見ている見ていないに関わらず

クレームを入れたくなるレベルの変更点も

あり、非常に厄介です。

 

もちろん、完成前の賃貸物件に契約する事も可能ですが

礼金などが返ってこない

・敷金は返って来る

・仲介手数料は返って来ない

があります。

 

手付金の保全などの法律もあり、万が一不動産会社

が倒産した場合にきちんと戻って来る制度もありますが

保全措置をしなくて良いパターンを不動産屋が

知っている事も覚えておきたいです。

 

内覧後に本契約となるともありますが

違約金などを支払う事になる可能性

も考慮に入れたいです。

 

本契約と言うのが大事な言葉で

上記に記載した通り、完成前でも契約と

言うのは仮契約でもお金を支払っている

でしょう。

 

なので、ある程度のお金を支払う事に

なるのかなどは聞いておくのが無難です。

 

一円も損をしたくない人はこうした落とし穴と

呼べる賃貸の注意点を知っておきしょう。

 

しかし、完成前と言う事は要は新築です。

新築と言うのは綺麗で誰も使った事がなく

何か怖い事があったと言う心配もないため大変人気です。

 

図面を見て、理解出来るならよしです。

自分が図面を見て理解出来ないなら

プロに聞くのも一つの手段。

 

近くに事故物件がないかも調べると更に吉。

小中学校の位置や周辺地図も調べた方が良いでしょう。

 

ちなみに新築物件を不動産屋が契約を急がせるのは

新築物件が人気であり、すぐに埋まってしまうためです。

 

向こうも商売なので、すぐに借りてくれる人や契約してくれる

人を探すのは当然ですね!