不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

敷金、礼金、家賃交渉のコツと初期費用の問題!?

敷金、礼金、家賃交渉のコツと初期費用の問題!?

 

家賃交渉で重要となる敷金、礼金、家賃。

この3つをいかに交渉するかで初期費用が決まるのです。

 

家賃交渉で基本的に大家に相談出来る費用の大きな3つとして

考えておいて間違いないのでここで家賃交渉について

メモしておいても良いでしょう。

 

家賃交渉の際には敷金は後で返って来るものとして

前の記事でも説明しましたが、これは実質下がっている事

にならないからです。

 

敷金は原状回復の時などに使うお金だと考えておいて

他の2つ(礼金、家賃)に集中したいです。

 

支払い額は合計金額で計算する事が大切であり

2年契約となっている賃貸物件の家賃交渉は

礼金、家賃共にどちらかを選ぶ事が大切です。

 

礼金を下げて貰うと言う方法は不動産屋も言う

通り、コツの一つなのです。

 

更に営業マンの力も重要となるのが家賃交渉なので

自分でやるのではなく、営業マンに頼るのも

一つの手段です。

 

以外と入居する前に交渉している人もいて

自分よりも得してたと言うパターン

は多いのです。

 

「家賃を下げて貰えたら契約をする」

と言う条件で下げて貰っても良いのです。

 

家賃交渉なんて出来る訳ないと思う人も

世の中には数多くいますが、実際に交渉

している人は山ほどいます。

 

自分の住んでいる住宅にも何人かはいるはずです。

 

年間で幾ら得になるかを計算して出す事が大切であり

それが不動産屋も言うコツとなっている

のは事実です。

 

更新時に使える家賃交渉術もある

契約の更新時、要するに2年間住んだ後に契約する際の

家賃交渉術ですね。

 

家賃交渉にはコツもあり、この更新のタイミングが一番重要

なのです。

 

家賃交渉は大家に言うものです。不動産屋が仲介していれば

「家賃を低くしてくれたら更新する」

の一言でも大きいですが可能性は低いでしょう。

 

一つのコツとしては

支払う余裕がない事や引越しをする予定だけど、

家賃を下げてくれるなら考え直すなどの

交渉は大事です。

 

向こうも空き室よりは、部屋が埋まっていた方が得なんです。

不動産と言うのはそういうものなので、

家賃交渉する価値が十分なのも確かです。

 

なので、環境の変化でも良いので「引越したくない」

けど、支払う余裕がないと言う交渉パターンもありです!

 

自分の話しやすい言葉か、或いは周辺環境の変化を表に出す

のも良い方法の一つです

 

ではまた次回!!