読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

不動産担保ローンは利用していいのか?

不動産担保ローンは利用していいのか?

 

不動産産担保ローンと言う言葉は未だに一般的ではなく聞き慣れない言葉

としていまいち信用がないのも現実です。

 

【不動産担保ローンとは】

自分の持っている不動産=自宅などを担保としてお金を借りるローンの事です。

不動産を失う可能性があるとは言え、高金利での取引が可能であり

金利で大きな借り入れが出来ると言うメリットがあります。

 

又、不動産担保を理由にまとまった金額を借りる事が出来る事や

資金使途に制限がないと言うメリットもあります。

 

融資まで時間が掛かる事、前述した通り不動産を失う危険性がある事など

返済出来ない場合はデメリットが強いです。

 

普通の場合では銀行はその人自身の経済力を信用してお金を

貸してくれますが、不動産担保ローンの場合には

不動産を担保にしてお金を借りる事を言うのです。

 

単純にその人の経済力としての信用度と不動産価値が問われるので

金利の借り入れが可能なのです。

 

【将来的な融資として不動産担保ローンを使う】

実は、将来的に不動産収入を見込める、賃貸経営での収入が見込める、

不動産を売却する予定がある人などは知っておいても

無知識よりは良いです。

 

高い値段で賃貸市場に出したい時の一時的なリフォーム資金の調達などで

資金がない人のためにある融資でもあり、不動産担保ローンの活用方法は

実に多彩です。

 

自分の不動産を最大限に活用し、将来の資金に繋ぎたい、会社を興したい

と言う人が利用する事もあるのです。

 

一時的に莫大な資金を貰う事が出来て、不動産売却までのしのぎとしても

活用方法があります。

 

実際に利用している人も多く、事業資金、レジャー資金、各種納税資金

などに活用する事が可能です。

 

 

 

不動産担保ローンを利用するメリットとは?

 【借り入れが沢山ある人に有利】

すでに複数の借り入れがある人などが利用出来ると言うメリットが第一です。

おまとめローンと言う言葉もある通り、不動産担保ローンを使った活用方法

は実に多彩です。

 

低い金利でまとめる事が可能となるので、手数料などもあまり発生せず

不動産担保ローン特有の低い金利で借りられると言う仕組みを利用出来ます。

そうする事で返済が少し楽になり、返済出来ない額も返済出来ます。

 

事業資金の調達に向いており、ビジネスに使える】

事業資金の調達に使えると言うのが不動産担保ローンの良い点です。

又、借り入れ金額が大きい事もあり、不動産担保ローンを使いたい場合

には、事業計画と安定した収入があり、返済出来る人におすすめです。

 

【賃貸収入を見込みたい時のリフォーム資金

賃貸収入を見込める可能性のある物件を所持しており、そのリフォーム資金を調達する

ために利用するのもありです。不動産担保ローンを使ってマンション経営などで

成功している人も少なからずいるので、可能性はあります。

 

又、単純に事業資金や不動産売却の目処が立つまでの繋ぎとして

不動産担保ローンを使っている人もいる様です。

 

不動産担保ローンは返済期間が長くなるため、長期に渡る場合には向かない

と言う注意点もありますが、子供の病気や大学に行くための一時的な資金

としても重要となっているのです。

 

不動産担保ローンは返済が難しくなると銀行の不動産になってしまうと言うデメリットもあり、ちょっと注意が必要な点もあります。そうならないためにも、注意点も読んでおくのも重要でしょう。

 

不動産担保ローンを利用する時の注意点

 不動産担保ローンと言うのは、不動産を担保としているローンですが

仮審査や事前審査などがあり、不動産を持っているから誰でも大丈夫とは

行かない現実もあるのです。

 

【仮審査など融資が受けられない場合】

不動産担保ローンは仮審査が必要となるのが大きな点であり、他にも75歳~80歳までと言う年齢制限も設けられています。仮審査に金融期間によっては一ヶ月掛かる事も考慮したいです。又、複数の金融機関に借り入れを申し込む事は可能なので、これも利用したいです。

 

不動産担保ローンでは金利の変化にも注意し、自分が行った時と違う!と言う風に誤解しない様にしたいです。金利の変化とは、良く銀行の金融などで、金利何%~とか言っているあれです。

 

更に諸経費も発生する事から、手数料、事務手数料、印紙税、登記費用などの問題もあるのです。この中でも事務手数料などは金利関係から金融機関によって異なる事を

覚えておきたいです。

 

【不動産を失う事が最大のデメリット】

不動産を失う事が最大最高のデメリットです。要するに家を失う、資産を失う、お金を失うと言う事になるのです。

不動産担保ローンは確かに有効性も高く、利用次第では利点も多い金融商品です。

 

しかし、商品性を理解した上で使わないと厄介な事になるのも事実です。強制的に手放す事になる前に自分で売り払った方が高いと言う事実も確認されているので、出来れば覚悟を決めたいです。

 

不動産担保ローンの返済が難しくなったら、すぐに相談が一番です。

一人で悩んでいるよりは、相談して打ち明けた方が数倍、数十倍、数百倍楽

になります。

 

何か言われても、何を思われても最悪のケースよりはましだと

考える事です。

 

何とか出来ると言う範囲は悩んだ時点でお終いだと考えて、すぐに相談なり

行動を起こす事が大切です。実はこの行動がなかなか起こせず、ずるずると

日にちが過ぎる人が多くなっています。

 

そのために、現在ではサポート関連が充実しているので、道を自分で閉ざさない事が

本当の大切な事です。

 

不動産担保ローンの区分を知り、デメリットを知る事で利用の幅はきっと増えます。

同じ不動産担保ローンでも商品のメリット、デメリットが違うので、自分に合う

商品を見付ける事が大切です。

 

そのため、より自分に合う商品を見付けて、資産を活用する事が一番の活用方法と

言えるのではないでしょうか。