不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

【失敗談】東京の賃貸を探した人の意見はどうなの?

【失敗談】東京の賃貸を探した人の意見はどうなの?

 

東京で賃貸を探した人は、不動産屋の対応が悪い、5~6年前とは比べ物にならない程、地域が変化している、保証会社と保証人が必要なところが満載と言う意見です。

 

有名な不動産企業で東京の賃貸を探しても、外観だけでは分からない保証人、礼金、敷金などの部分が部屋探しの壁になっている様です。

 

悪徳な不動産会社も沢山増えていると述べており、入居してから正解な事と誤算な事があったりとなかなか大変な目に遭っている様です。

 

電話対応の時に希望の条件を伝えていても、探してなかったなんて事もある様で、東京の賃貸探しのコツは難しさを極めています。

 

忙しい会社員やファミリー、1月、2月、3月と新居を決めないといけない状態の時に一日の時間を無駄にしないためには、不動産屋も重要となって来ると言う訳ですね。

 

賃貸物件に入居する際は大家さんの審査も軽くあり、これが原因で入居できないと言う事もあり、基本的な知識となっています。

 

実際に、審査に落ちた理由を明かさない人も多く、その基準は定かではありません。

 

インターネットの落とし穴としてネットを見ただけでは判断が付かない部分が大家さんの審査と保証会社の審査と言う訳です。

 

家賃が安く、良い賃貸を見付けたと思っても、審査に落ちて最初からと言う事もあり特に東京の賃貸の場合、その様な事が多い様です。

 

貸す側からすると、家賃をきちんと支払う人でないと賃貸経営も難しいと言うのが現状の様なので、これは、現在の不景気の問題でもあります。

 

賃貸物件を経営しているのが、CMで良くやっている「マンションのオーナーです」の様に一般の会社員の場合もあります。

 

そのため、この時代ですから家賃をきちんと支払ってくれるかどうか?と言う不安を抱え、慎重になっていると言う事実があります。

 

 

東京の家賃は滅茶苦茶に高いと噂もあり、「高層マンションだから大丈夫だろう」と思っていたら、バイクの音などの騒音が厳しいと言う事もある様です。

 

又、東京の都心では交通量が多いのが普通です。物干し竿が汚れて、毎日毎日ウエットティッシュで拭かないと話しにならないと言う人もいます。

 

賃貸探しのコツには駅から近いと利便性が良いなんてありますが、東京の都心辺りではまるで別物になります。

 

飲み屋などが駅の近くにあると、宴会騒ぎでどうしようもない、駅から近いため夜の本当に遅くならないと静かにならない、駅から近かったけど、同じ時期に同じ様な条件で建ったマンションが多く、逆に混雑したなど失敗談も多くなっています。

 

東京の賃貸に住みたい人が家賃にびっくりしたのも現状です。15万円前後掛かるのが普通で、それ以外の家はないと来ました。

 

地域によっては、10万円を超えるのさえ、珍しいと言う事もあり大幅に計算がずれる様です。

 

もちろん、オートロックなどの設備が良いところの話しですが、東京の場合では賃貸に住むならオートロックなど万全の準備は必要でしょう。