不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

保険としても役立つ!不動産投資は将来のため

保険としても役立つ!不動産投資は将来のため

 

不動産投資は生命保険や将来のための貯蓄手段にもなり、投資の中でも稼ぎやすい物となっているため安定した収入を得たい人に最適です。

 

不動産投資を利用して、サラリーマンやOL、年配の方が年金に少し加えると言う形で利用する機会も増えています。

 

不動産投資を始めて、多額の借金が残るのではないか?と心配する家族も多くいますが、不動産投資を始める際に団体信用生命保険に加入するため、万が一、借金を背負ったままであっても、家族などに負担は掛りません。

 

これは、もしもの場合において住宅ローンを借りる際の保険となっており、追加料金なども掛からないので、家族は心配する必要はないのです。

 

【不動産投資でまだ住宅ローンが残っているのに本当に何も家族に負担はないのか?】

万が一となっている【団体信用生命保険】は、家族に負担のない様にするための物です。「不動産投資 家族に負担」と検索する事で団体信用生命保険に関する記事が多く見られます。

 

この記事だけでは、「本当に?」と思う方は調べてみるのも良いでしょう。

 

全てのローンがなくなるだけでなく、家賃による毎月の安定収入、売却可能となるマンションやアパートが残るので、むしろ、利用した方が良いと言う訳です。

 

 

不動産投資における団体信用生命保険の誤った考えはNG!

死亡の場合、高度障害の場合には団体信用生命保険が適用

→その時点で全ての住宅ローン団体信用生命保険が支払う事になる

 

長期入院の場合はどうか?

団体信用生命保険の適用外。治療費、住宅ローン、その他の費用が掛かる。

 

とこの様に必ず支払ってくれる訳ではありません。団体信用保険には不動産投資を始めると同時に絶対に加入する物ですが、「確実に支払ってくれるもの」と言う考えが人生を大きく狂わす事になります。

 

ここで、保険選びも重要となって来るのはもうお分かりだと思います。先の事まで考えて、不動産投資を始める際には、始める人の「もしも」を考えて保険の相談もやっておきたいです。

 

保険料を安くするためには、保険の見直し無料相談などを受けるのも良いですが、「銀行が団体信用生命保険の代金を支払っていて、気付いてない」と言う場合も考えておきましょう。

 

不動産投資をする上では、上記の様に保険の見直し問題まで関わって来ます。確実にお金に関わる問題はややこしく、複雑になるのは間違いありません。

 

一度、どこにお金が向いていて、どこに自分のお金が支出しているのか表にしたり、メモに書き出してみると言うのも良い機会です。

 

お金が掛かる行為をすると言う事は、何かに負担になる可能性もあると言う意味に近付きます。そのため、はっきりと整理しておいて、出来るなら、負担を軽く出来れば団体信用生命保険に関する不安や不動産投資に関する不安も取り除けるはずです。