不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

不動産担保ローンの金利で困ってる!!安いと嬉しい・・・な?

不動産担保ローンの金利で困ってる!!安いと嬉しい・・・な?

f:id:tuieoyuc23:20160509222827j:plain

不動産担保ローンは色々あります。金利が低い、安いのもあれば

「何であるの?」と言う位の金利まであります。

 

金利が高ければ基本的に審査に通りやすいかな?と思えば

そうではなく、「単純に大手ではないから」

と言う事を理解しましょう。

 

中には、当初の金利を引き下げる制度もあり、金利が安いところを

考えれば、苦労なく返済できるかも知れません。

 

不動産担保ローンで金利が安いとどんな人でも利用したくなりますが

知らなかったり、実は裏があったりと大変です。

 

不動産担保ローンで本当に金利が低い、安いと認められる場所はどこか?

それを知っておきましょう。

 

 

不動産担保ローンは基本的に低金利、惑わされない事

不動産担保ローンの金利は基本的に安いです。

5%程度が目安となっているので、

間違いのない様に利用しましょう。

 

金利のタイプには上限金利と下限金利と言う物があり

結果的には上限金利の低い場所を選ぶのが大事です。

 

では、上限金利とは利息制限法によって指定されている金額

の中の一つです。

 

通常の融資額は不動産担保ローンの場合、100万円を超えます。

100万円を通常とした時、上限金利は15%が相場です。

 

要するに、お金を貸すと金利=(返す時に上乗せするお金と考えて下さい。)

これが掛かります。

 

それで、お金を貸す方は「利息制限法さえなければ・・・」

と、思います。

 

何故か?貸す方は通常の不動産担保ローンの様に100万円が基本なら

返済する時に上乗せする金額も高くなる訳です。

 

すると、金利が高ければ高い程会社は儲かります。

 

金利を80%にすれば、大儲けです!!!!

 

が、話しを戻すと利息制限法と言う法律がある以上

会社は20%を超える金利にする事ができません。

 

なので、結果的に上限金利の低い場所なら

返済する時の負担も少ないと言う事に

繋がる訳です。

 

ちなみに、利息制限法を超えているなら

俗に言う「過払い金」です。

 

また、追加します。

 

では、また次回!!