不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

賃貸契約をクレジットカード払い!家賃や入居費用に使える

賃貸契約をクレジットカード払い!家賃や入居費用に使える

賃貸契約をクレジットカード払いして、入居時費用や家賃に!

退去時にもクレジットカード払いができてポイントが貯まる!

これができたら生活もぐっと楽になるはずです。

 

2016以前の2014年ではなぜ家賃は

クレジットカード払いできないのかと言わ

れました。

 

更には、問題が世の中の記事に出て

大量のポイントをせしめないためか?

と思われました。

 

しかし、変わりつつある賃貸業界では

クレジットカード払いする人も多く

 

・入居時費用

・家賃

・退去時費用

など沢山の場面で使われています。

 

今駄目な物件でも、もしかしたら、大家さんが知らないだけで

相談次第では可能になるかも知れません。

 

ここでは、クレジットカード払いする方法とどの様な

利用方法、注意点があるかまとめています。

 

 

家賃や入居時の費用をクレジットカード払いできる物件は増えている

先に述べておくと、ポイントも貯まる

クレジットカードを使える会社は

非常に増えています。

 

毎月の家賃をポイントに換える事で

年間にしてかなりのポイントになります。

 

近年のクレジットカードの需要もあり、

賃貸業界はもちろん、目に付けています。

 

「もっと顧客がとれるんじゃないか?」

と思ったりとメディアを利用したりします。

 

又、クレジットカードで家賃や入居時費用が支払える

物件は増加傾向にあります。

 

光熱費、通信費、プロバイダ費(インターネット費)

などが元々、クレジットカード払いできるのです

から、不思議はありません。

 

2013年の頃から大手の賃貸会社がクレジットカード

を導入した事がきっかけです。

 

「単純に入居率のアップに繋がる」のが

クレジットカード導入の元で、顧客にとっても

大量の現金を片手にするよりも安心があります。

 

別に家賃を手渡しする必要もなく、毎月決まった日

に銀行に入っていれば問題ないでしょう。

 

むしろ、引き落としの方が大家さんにとっても

「嘘がない支払い」になるので、問題ないはずです。

 

多額の現金を必要としなくてもクレジットカードで家賃などを支払えば

誰にとられる事なく、自分の気に入った物件にすぐに入居できます。

 

しかし、注意点もしっかりあるのがクレジットカードです。

 

【家賃の滞納や口座の混乱に注意】

特に落とし穴がある訳ではありません。しかし、リボ払いや分割払い

をやると、資金の混乱を招き引き落としの日になって

全くお金が無かったなんて事もあります。

 

カードだからバンバン使う様なタイプは注意です。

利息や手数料があるので、損しない様に一括払いがおすすめです。

 

【使う金額が大きいのでポイントが凄い】

家賃や入居費用をクレジットカード払いできる物件が増えている訳です。

当然、ポイントはもの凄く貯まります!!

 

場合によっては、10万、20万などざらですし、どう考えても入居時の費用

や敷金、礼金などの初期費用を含めたら凄い事になります。

 

還元率1パーセントでも10万円なら1000ポイント(1000円)です!!

毎月やったら凄いですよね!

 

実は凄いとか言いながら、「そんなの当たり前」と言う人が多いのも事実です。

 

【個人情報の流出を防ぐのが大事だった】

簡単に言うと、オンライン決済システムの導入

で解決しています。

 

ネットも信用できないと言うのは当然ですが

それでもセキュリティ面で確実なのがオンライン

です。

 

店でクレジットカードの個人情報を管理する訳

ではなく、クレジットカードの扱いに慣れた

会社が管理するのです。

 

大○建託では約80万戸レベルの賃貸物件で

クレジットカード払いが可能となっており

カード払いできない場所が珍しい程です。

 

賃貸契約でクレジットカード払いするのは

当然の事で、審査や契約金をクレジット

カードで支払うのも当たり前です。

 

また追加します。