不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

住宅ローンは退職後でも大丈夫?退職した場合はどうなる?

住宅ローンは退職後でも大丈夫?退職した場合はどうなる?

f:id:tuieoyuc23:20160420214759j:plain

住宅ローンは返済中に退職した時や退職した場合でも

大丈夫なのか?

 

最長で35年まで借りられる住宅ローン。

退職金をアテにして、返済しようと思っている

人は沢山いるはずです。

 

私も凄く気になるタイトルだったので、まとめてみました。

 

 

退職前が原則で、返済中だと大変な目に遭う

 【退職前までに返さないといけない訳ではない】

原則と記載しましたが、退職までに住宅ローンを返済しない

といけない事はありません。

 

では何故か?と言えば答えは簡単です。

老後が凄く大変になるからです。

 

貯蓄がある方は特に問題ありません。

しかし、月に10万円使うとしたら

一年で120万円。

 

60歳で退職したとして、そこから90歳まで

だったら、軽く3600万円です。

 

更にゆとりのある生活をしたい金額は38万円。

過酷にも1億円が必要です。

 

年金は今支払われている状態ですが、さてどうなるか?

と不安を煽っていますが、要するに現実の金額を見て欲しい

です。

 

話しを戻し、そう考えると、できるだけ退職金も老後に

回したいなと思って頂けたら嬉しいです。

 

順番的には

1、退職前までに返済

     ↓

2、退職金で返済

     ↓

3、退職後も返済

の順番で悪くなります。

 

無計画に老後の資金を住宅ローンにあててしまい

「老後破産」する人も増えています。

 

特に最近の年金がいくら支払われているか分からない面

もあり、非常に困る事間違いなしです。

 

【住宅ローンや老後で注意したい人】

・子供の養育費の事を考えている

・結婚資金を用意したい(子供)

・リフォームをどーんとやる計画がある

・水周りの修繕費など、悪くなる部分を考えていない

・車を買い替えて資金が底を尽きる

・とにかく、新しいもの好きで買ってしまう

 

一番下のはお小遣いの事もありますから多少は良い

でしょう。これを全部まとめて言うと、お金の管理

ができていない人が危ないのです。

 

住宅ローンが払えない!どうする退職した場合

住宅ローンが支払えずに困っている家族、親戚

数多くいるはずです。 

 

そんな時どうしたらいいと思いますか?

一人で解決するのはもう限界レベルです。

 

債務整理、任意売却など弁護士を頼る】

結局支払えない金額はなるべく弁護士などに

頼るほか無くなります。

 

「住宅」はマイホーム購入です。夢はありますし

購入は自分で決めたのですから後悔しては

いけません。

 

大事なのは、諦めずにどうするか?対処法は?

と言う事です。

 

惜しいと思っても、最悪の場合には自宅を売却する事も

考えて下さい。

 

自分の家に助けられたと思えば結構すっきりするものです。

下記では、住宅ローンが支払えないケースと同時に

対処法を記載します。

 

住宅ローンが支払えない時の対処法は?

 【ケース1~贅沢癖と思っていない】

生活にゆとりのある時期があると途端にそれが

当たり前となります。

 

自分がいかに人よりも贅沢な生活をしているかを

認識するべきです。

 

新しいもの好きと言うのも一つの問題ですが、贅沢癖は

かなり浪費します。

 

【ケース2~節約ができない】

浪費と重なりますが、節約=生活費の改善ができないのです。

お金を貯めると言う経験がなく、苦労します。

 

住宅ローンを支払えない気持ちとは裏腹にお金を作る努力を

怠ります。

 

「10円、20円が何だ!」と言うタイプに直面する問題です。

 

【ケース3~そもそも収入が足りない】

上のケースは自分のせいが入りますが、これは大半の人の問題です。

収入がないなんて分かりきった事ですが、一番の問題です。

 

リストラ、病気、一身上の都合で退職など様々な理由が飛び交います。

その中で、どう収入を得て、どう貯めていくのか?ができない状態です。

 

「今更?」と言いたい気持ちもあるでしょうが、現実です。

住宅ローンを支払えない程の生活環境でどうするのか?

 

あまり言いたくありませんが、ほとんどの人は問題を解決

しようと努力しています。

 

住宅ローンを組む前にきちんと考え、最終的な老後の事まで

考える人もいるでしょう。

 

収入面の問題は、弁護士で解決できる問題ではありません。

自分の努力もありますが、率先して何をすべきか

考える事なのです。

 

【それでも、どうしても収入が見込めないなら】

これで、最後に自宅の売却や債務整理となる訳です。

住宅ローンと聞こえは良いものの、悪く言えば借金です。

 

何とか対策をしないと老後の生活が安定しません。

きちんと返済プランを見直し、少しでも楽に返済できる

様に考える事が大切ではないでしょうか。