読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

え・・・不動産売買の手数料が無料?気になる中身を暴露

え・・・不動産売買の手数料が無料?気になる中身を暴露

 

不動産売買で物件を買う時も売る時も手数料が最大で無料になるって

知っていますか?

 

手数料と言うのは3%支払ったりと不動産の価格からすると

凄く高いです。支払わなくていいのに支払う人もいて損

しています。

 

今回は仲介手数料を無料にする方法をネット上の情報もまとめて

記載してみました。

 

仲介手数料が無料でなくても半額にできる可能性はある

 不動産売買に必ず消費する仲介手数料ですが、無料でなくても

半分にする事も可能です。

 

「無料だとか半分だとか聞くと、不安になる」と言う声も大きいのは

確かです。(インターネット上の意見より)

 

実際に手数料無料になったり、半額になったりして3日で売り出した後

に10日で売却の実績を持つ会社もあります。

 

宅建マイスターのいる浦和「レッズ」好きの会社ならOKです。

 

宅建マイスターは不動産のエージェントとして活躍する人で

不動産売買する時に相談しないと損になります。

 

もちろん、購入でも売却でも半額、最大で無料は変わりません。

中古でも新築でも一戸建てでも変わりません。

 

必ず自分の思い通りになるか分かりませんが、そういった手段

がある事を覚えておきましょう。

 

【仲介手数料は普通は3%+6万円だが?】

法律的には無料でも問題がなく、必ず支払うものではありません。

不動産会社によっては、手数料が高い事もありますし、高いと言う

事は下にしても良いのです。

 

不動産会社に言われて支払うものだと言うイメージが強い

のが現状です。

 

実際にネット上でも仲介手数料を計算したり相場を公開したり

と上限を言っていない事も分かります。

 

「売れなかったら、住宅ローンがある家には・・、何か絶対裏がある!」

と疑問に持つ意見も多く、よくある質問のようです。

 

しかし、一切掛からないと断言している以上、嘘を付いたら逆に

訴えられます。

 

会社に大幅な負担になってしまう様な事を堂々と発言している訳です。

住み替えの場合もOKで不動産媒体のメディアでも手数料無料は

やっていい事で、個人が支払ってくれている、イメージだそうです。

 

不動産会社の中でも半額になったり、無料になったりする場所は

はっきり言ってあります。

 

しかし、今回の会社の様なメディアに言ってしまって逃げ道を塞いで

いる以上、相当の自信があるのでしょう。

 

更に、一年掛けた契約数をたったの4ヶ月で超える実績を持つなど

素晴らしい信頼を得ている様です。

 

重要:査定はあくまで査定であり、相場に似つかない高額な査定をする

   会社もある。結果的に売れ残ってしまい、双方で損する。

 

個人的にですが、最もだと思っています。

A、B、C、Dの会社で最も高い査定にしてくれたから「C社にしよう」

と言う人は非常に多いです。(特に初心者)

 

しかし、「査定」=「目安」であり、「相場と同等」ではありません。

現在でも、高い査定額を出し顧客を取ろうとする会社が多いのが

実情です。

 

不動産情報メディアでも取り上げていますが、いかんせん解決に至りません。

先に記載した仲介手数料についても「支払ってくれている」イメージのまま

今までの年数が流れた訳です。

 

ここに来て、やっと仲介手数料を負担しなくて良いと言う会社が出て来て

くれたので、まとめて記事にしました。