読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

マイナス金利を知っていますか?バブル再来は実現しない

マイナス金利を知っていますか?バブル再来は実現しない

 

不動産の中で日本銀行だとか、マイナス金利だとか話題に出ている

ので、まとめてみました。(今回はですますではありません。)

 

【マイナス金利と一般の関係】

銀行に預けていると普通は利子がつく事になるが、マイナス金利

場合には逆に支払う事になる制度。

 

マイナス金利を調べていくと、日本銀行に焦点がいく。

しかし、日本銀行は一般からの預金受け入れを認めていないため

結局のところ、一般には「利子が減る」面では心配いらない。

 

しかし、これはすぐにでも関係ないと言う意味で必ずしも

利子に関係して来ないとは言い切れない。

 

銀行に預けているお金が減るのなら、会社に貸し出した方が

利益もでやすいのが現状と言う訳だ。

 

もちろん、マイナス金利対策を施行しているのは現実で何もしない

事はない。

では、一般に本当に関係がないのか?と疑問に思うことだろう。

 

【実はマイナス金利に対する政策は不動産業界に影響を及ぼす】

これが一番、一般に関わる事で、バブル再来があり得なくなる。

「副作用」と呼べる程にマイナス金利政策は危険が大きい。

不動産投資や売買をするなら、この点を専門家に聞いた方が利口だ。

 

机上の理論では、マイナス金利政策において価格が急上昇する

のは当たり前だ。

 

と言うのも、マイナス金利政策は※デベロッパー(ディベロッパーとも言う)

の収益が上がるので、表面的には不動産価格が美味しい状態になる。

 

※開発する人の事。不動産用語。(会社によるが設計も売りなども)

 

しかし、多面的に見れば危険極まりない作用が起きるのである。

株の面では一部の投資家が気付く始末で「売り」を意識している

人も多い。

 

「買い」ではないと判断し、「売り」により利益を少しでも出そう

としているのである。

 

「不動産賃貸事業の純利益÷期待利回り」で計算すれば、事実上は

物件の価格は上がる。しかし、これは前述した通り、「見た目」なのだ。

 

長々と記載したが、要するにバブル再来ではなく、マイナス金利政策

の副作用によりバブル崩壊が起きる可能性の方が大きい。

 

投資をしている人が資金投入を止め、ストップする様な事があれば

一気に価格は下落。

 

すると、大手不動産は都心部に投資比率が多いので、かなりの

打撃を受ける事になる。

 

【ちょっと待て?テレビや報道では住宅ローンに大勢の顧客がいるではないか?】

借り換えを行っているのである。他の銀行の方が安かったのだろう。

簡単に言うと、住宅ローンを安くするために「借り換え」と言う制度で

少しでも支払うお金を減らす事が可能なのだ。

 

賑わっている様に見える市場規模(パイの事)は全くの勘違いで

上手い事報道しているだけである。

 

新規の顧客の姿はほとんどなく、むしろ、銀行に悪影響を与えている

と関係者は言う。

 

投資を止めろとは言わない。しかし、現実に価格が下落したり

必要最低限の知識が必要だと言う事を意識して欲しいと

言う意味で今回の記事を上げた訳だ。

 

【まとめ】

私もちょっとだけでもお金が欲しいと思った時に投資を軽く見た

時期がありました。

 

報道やテレビに惑わされず、あくまで自分のお金を意識して下さい。

いいことばかり言うのは「仕事」です。自分の事ではないのですから。

 

知らないと損する様な知識は「レ」と「ッ」と「ズ」を合わせた会社

が語っています。

 

不動産業界の常識は少しのタイミングのずれだけで、間違いが起こるもの

です。投資で失敗しないためにマイナス金利とバブルの関係程度は

知っておいて下さい。