不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。約2万アクセス突破中!

SUUMOの住宅ローンシミュレーションでどうにかなる!?甘い考えが堕ちる「持ち家貧乏」

f:id:tuieoyuc23:20181028190443p:plain

出典:SUUMO

SUUMOの住宅ローンシミュレーションでどうにかなる!?みたいな話しを聞いて大丈夫かな?と思いました。

 

甘い考えが堕ちる持ち家貧乏って言葉聞いた事ありますか?

住宅ローンは20年~30年と長いので、様々な意見があります。

 

「甘く見てた」「地獄 後悔」

「不安になってきた」

「心配しすぎ」

「払えるか心配」などなど。

 

持ち家貧乏に起こる怖い話しもありますし、借り入れ金の事でシミュレーションするのもいいでしょう。

 

最初に言っておきたい事が1つあるのですが、「不動産屋の言う通りにすればいい」だけは止めて下さい。

 

不安にさせる訳ではないので、私の意見は「現実的に考えた時」でお願いします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

1、SUUMOの住宅ローンシミュレーションでどうにかなるか試してみます

f:id:tuieoyuc23:20181028190443p:plain

出典:SUUMO

まず、一括が一番安い。これは当然ですよね?

「住宅ローン」とかっこつけてますが、「利子」はない方が楽です。

 

例に出すと多分理解できます。

数字は気にせず、パターン化で見ます。

 住宅ローン

   出費関係
頭金が2000万円ある  

・2000万円の購入が一番楽

返済期間

  ・短い方がいい
返済額  

・多い方がいい

ローン金利  

・キャンペーン抜かし、低い方がいい

・0、2%より0、1%

金利  

・変動金利と固定金利がある

・ずれる心配を無くすなら固定金利

月々の返済額  

・圧迫すると生活ができない

・月の給料から逆算

・目処はシミュレーション

給料手取り20万円なら?  

・ボーナスが80万円でも6万円は厳しい

・体験談見た方が早い

・「手取り20万 住宅ローン」等

家の購入の判断時期  

・本当は早めがいい

・実はマンションと変わらない事も

・将来的に考える事前提

資金計画  

・現実的かつ、皆余裕がある

・カツカツの生活でやる人はほぼいない

・皆支払いは楽したい

・共働き前提にしているかも

・「支払いきついよ~」はほぼ嘘

・一般常識的に考える事

相談の有無(状況)  

・ほぼ確定

・出来れば、相談は多く時間を取る

・給料は隠さずに言う

・会社の状況も隠さずに言う

・お金に関して隠さない

決断は?  

・「将来的」が大前提

・周りの意見は聞く

 

表の感じで考えると、非常に気分が悪くなる・・・と言う感覚がします。

住宅ローンを何年で組むかによりますが、20年先30年先を見据えるのは大変。

 

頭金がないのも痛いですし、何年も先を考えるのも痛いです。

「投資」の様な感覚なので分かる人はすぐ分かります。

 

「持ち家貧乏」になりたくない!と言うなら、今一度しっかりと住宅ローンについて真剣になった方がいいでしょう。

 

f:id:tuieoyuc23:20181028192550p:plain

出典:SUUMO

月々の支払い額から調べられるのは、本当に大きいです。

給料面はさておき、お金は現実的ですから持っていればそれだけ大きい家が買えます。

 

私の知人も3000万円くらい持っているので、一括で3000万円までOK。

利子0%。

相当余裕ですね。

 

「住宅ローンと現金一括払いどっちがお得か比較してみた」の記事が最高です。

私の知人が言うのは記事を見て「そんなの当然でしょ?」だそうです。

 

例えば4000万円の家を買う時に離れる額が頭金がないと約1100万円。

一括の方がお得です。

 

先の表に記載した返済期間が短い方がいい、返済額が多い方がいいと言う意味も分かる金額ですね。

 

資金計画云々と言われますが、考え方の問題です。

「今、苦労するか?」

「最後まで苦労するか?」です。

 

一括はきついですが、払ってしまえば、同じ物件を購入した時1000万円の余裕が出来ます。理由を付ける意味もなく、最初に勝負がつきます。

 

だから住宅ローンを組むなとは言えませんが、現実的に見るとこうなります。

どちら?と言えば一括が楽。

 

年々利子がかさむので言い方が悪いですが、年々無駄に苦労するだけ。

本来は1000万円余裕のある生活です。

 

2、SUUMOの住宅シミュレーションではなく、取り違え

持ち家貧乏の正体は「資金計画」の意味を取り違えているから。

これが答えとなります、

 

銀行はお金を「貸して」いるので、当然どこかから収入を得ます。

それが利子。

家は高いですから、フラット35とか使っても超利子で取れます。

 

「固定金利」であっても、先程のブログがいいブログでして、20年とか30年とかフルローンで計算されています。

 

ブログ内容的には「一括の方が安い」と言う話しですが、もったいないです。

20年で0、72%。30年で0、78%。

フルローンで1、22%。これが大事なところです。

 

私の表で記載した様に金利は低い方がいいです。

理由は簡単です。

仮に2000万円とした時、0、72%でも超利子がいきます。

 

利子は借りた金額が高ければ高い程高くなり0、72と0、78の違いでも大きいです。

 

簡単に言うとクレジットカードの還元率1、0%と1、2%の違いみたいなものです。

大きい金額を買う時、どうなりますか?

予想は付きますよね?

 

これと同じ考えで例え0、1%でも一生を左右する程の値段の「家」は出来る事なら一括、1年、2年で勝負をつけると楽、と言う意味に繋がります。

 

住宅ローンを味方に付けたい、向き合っていきたいと言うならここまで理解して住宅ローンを組みましょう。

 

単純にさっさと払い終わった方が楽です。

 

私の意見でも微妙に理解しづらいと思うので、組んだローンを5年減らすと最終的に支払う金額がどれ程ずれるか?聞いてみて下さい。

 

これで現実が理解出来るはずです。

では、頑張って住宅ローンシミュレーションをして下さいね!SUUMOで出来ますよ♪

 

スポンサーリンク