不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

賃貸物件の電球(照明)ってついてないの?退去時はどうする?

賃貸物件の電球(照明)ってついてないの?退去時はどうする?

f:id:tuieoyuc23:20170720215408j:plain

賃貸物件に入居した、もしくは入居前に電球がついてないって事がありませんか?又、退去時に丁度切れたらどうするのか?照明と考えてもいいです。

 

借りている部屋なので、勝手に交換していいのか?など様々な疑問があるはずです。実は大家さんに相談して自分で負担しなくていいパターンもあるって知ってました?

 

この記事では、賃貸物件(アパート、マンションも含む)の電球について言及していきましょう!

 

電球について先にまとめておきましょう!

・電球は大家負担が普通

・退去時に丁度切れたとしても大家負担

・退去時は放置でいい(普通は)

・おしゃれに飾る事もできる

 

【目次】

1、賃貸物件に電球ってついてないの?

2、自分で付けたい!おしゃれにしたい!

3、退去時に照明器具は自分のものにしていい?

4、一人暮らしの電球の選び方!(家族でも!)

5、アパート、マンションの照明は?

 

 

1、賃貸物件に電球ってついてないの?

ついてない=消えている、元々ないの2つの意味がありますが、電球は経年劣化によるものが大きいので、大家負担が原則です。

 

電球や照明がついてない理由は、コーディネートできないからです。逆に困る人もいるらしいです。付けるのめんどくさい・・・と感じる人はいるはずです。

 

実は一番厄介な案件で見落としがちな事です。トイレやキッチンに照明器具はある、しかし、メインの部屋にはない・・・。洗面台、浴室、廊下、玄関にはあります。

 

実は賃貸物件は「ないのが普通」とインターネットにも騒がれていました。入居して2日、3日経つと気が付くパターンが多い様で、内覧でも上は見ませんよね・・・?

 

別の記事で賃貸物件の探し方について触れているのですが、内覧の時はできれば昼、夜に見ておきたい!って事なんです。

 

「あ、電気付けてもいいですか?」で速攻気付きます。・・・しかし、ほとんどの物件で電球どころか照明器具がないなら、話しは別です。

 

「照明器具って付けられますか?どんな照明器具でもいいですか?自己負担ですか?」

の3つの質問になります。

 

「普通は」の場合なので、規約に「いかなる理由でも部屋の家具は~」とか記載があったらダメかも知れません。

 

一応の規約

・壁、床、ドアに傷を付けてはいけない

・照明は元々あるものを使う

 

と日本の法律的にはこうなっていますが、はっきり言って気にしなくていいです。法律がどうこう言う前に持っているのは大家さんです。大家がOK出せばそれまでです。

 

そこで、照明(電球)ですが、普通は契約で決まります。細かい場合には借主負担が電球、電池となり、大家負担が照明器具(電球以外の囲い部分)となります。

 

契約書類に記載があるのが普通ですが、流し読みしたり「部屋探しに疲れた」と言っている時にそんなものは見ていないはずです。目を通してもなかなか覚えていません。

 

2、自分で付けたい!おしゃれにしたい!

賃貸物件の電球が元々付いていないなら、おしゃれにコーディネートしたい!電球もLEDにしたい!って色々と構想があるはずです。

 

最近では、おしゃれに飾る事が可能な賃貸物件も増えており、電球一つで見た目も雰囲気も大分違います。

 

こればかりは、「大家さんと相談」です。床とか壁に傷を付けない方法なら、ロール紙を買ってきて、壁に傷にならない様に貼り付ける手段もあります。

 

メインの部屋に照明がないなら、LEDをインターネットや電気屋でお気に入りの商品を購入し、付ける手立てもあります。

 

今だと、女性で軽々と付けられるライト器具や電球もあるみたいです。(インターネットで記事と写真を発見)

 

【おしゃれにするなら、おすすめの商品は?】

・定番がスポットライト

・もう一声で、シーリングライト

・ペンダントライトもいい!

・スタンドライトは個室に!

 

他にも、夜寝る前の雰囲気作りに淡い照明なんかもいいです!コーディネートのやり方は、人のセンスや人それぞれなので、ぜひ、楽しい空間を作り上げて下さい!

 

結構、有名なインターネットショッピングサイトで安く売られていて、女性でもカンタンに取り付けができる!って書かれています。

 

実際に取り付けた人は説明書も見なかったので、不器用でも説明書見ながらなら問題ないでしょう。

 

おしゃれと言うだけあり、7000円程度する照明もあります。これを高いか安いかは人次第ですが、私はちょっと手が出ません。

 

3、退去時に照明器具は自分のものにしていい?

電球や照明を変えたとします。その値段は自分が出したものなら、大家さんに所有権が移るのはおかしい・・・。そう感じてもいいんです。

 

しかし、退去時は「現状回復」と言って電球や照明は元々の状態に戻さないといけません。そのため、キッチンや浴室の電球はそのままが原則です。

 

先に言った「傷を付けてはいけない」はここで、重要になります。賃貸物件は「借りている前提」なので、現状回復の義務があります。

 

消耗品は借主(部屋を借りている方)が負担するものとありますが、大家さん負担の場合もあります。この辺りはインターネット記事を見ても意味がないところです。

 

「そんなの持っていっていいよ~」と言ってくれる方もいますし、「ダメ!」って方もいます。大体はダメの方だと思いますが・・・。

 

電球だけでなく、あらゆるものを元々の状態に戻す義務が現状回復です。この記事を見て、自分でビス穴を開けて!壁も張り替えて!とかやると・・・スゴイ事になってしまいます・・・。(お金が)

 

4、一人暮らしの電球の選び方!(家族でも!)

正直、電気代を掛けないならLED。これでいいのでしょうか?実は一人暮らしの場合は違う可能性が出て来ます。

 

生活が苦しいからLEDにしよう!と思っても実は長い目でみないと安くならないのです。白熱球(LEDの一個前のただの電球です)がいいとアドバイスもあります。

 

いつ出て行くか分からない賃貸物件。高いお金を払って、LEDにする必要があるのか?と言えば微妙なところです。インターネットには白熱球にする人も少なくありません。

 

又、家族連れであっても長く住む予定があるかが重要です。電気代がどのくらい安くなるのか?を真剣に計算しないと知らない内に苦労している事になります。

 

工事が必要とか取り付けができないとかは別として、安くしたい!と思うなら、一応計算しておきたいところです。

 

安い電球ってどのくらい?

・100円ショップ電球

・インターネットでまとめ買い

・電気屋のクーポン祭り

・LEDだと1000円が一般的

 

白熱球は1000時間~2000時間持ち、LEDだと4万時間だそうです。しかし、白熱球で一人暮らしで計算すると、100円(?)で間を取って、約1500時間。

 

10個で15000時間となり、圧倒的にLEDの方が持続します。単純に一人暮らしをし始めてて、大学生の間いる、2年以上いるのであればLEDがオススメ。

 

又、家族と一緒に2年以上でも全く問題ありません。結局、電球と言えども、電気代を消費します。LEDは従来の白熱球の10分の1・・・はありませんが、その位に安くなります。

 

W(ワット)にすると、白熱球が50くらい。LEDは8くらいだそうです。低い方が電気代は安いです。

 

5、アパート、マンションの照明は?

アパートやマンションでも一室に照明がない事はあります。マンションでもアパートでも「賃貸」な事に変わりないので、メインの部屋に照明が付いてない事もあります。

 

稀に前の入居者が残していく事もありますが、基本的にありません。そして、問題が取り付けです。照明器具がしっかり付けられるのか?大事な部分です。

 

専門の業者に依頼するのか?自分で取り付けが可能なのか?又、取り付けができる種類は何なのか?変えたい場合や増やす時も重要です。

 

全部の始まりはやはり、大家さんに相談からです。自己負担になるのか?どの程度まで、部屋をいじっていいのか?照明器具は勝手に増やしていいのか?

 

全ては不動産屋ではなく、大家さんの判断次第です。大体は現状回復してくれるならそれでいいと言いますが、渋る人もいるかも知れません。

 

一室をおしゃれにしたり、照明が気になって変えたい人もたくさんいます。しかし、あくまで借りている側なので、勝手な判断はいけません。

 

そうは言っても、実はインターネットや無料雑誌には部屋を着飾ろう!などの特集が多くあります。

 

アパートでもマンションでも、不可能ではないので、そういった資料を見せながら、大家さんと相談してみてはいかがでしょうか。

 

では、また次回!!