読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

【2017年】個人投資家はどう動く?融資スタンスと相場を確認しているか?

投資関連
【2017年】個人投資家はどう動く?融資スタンスと相場を確認しているか?

 

2017年に入り、個人投資家も本格的に動き出す頃です。

実際、賃貸物件に入居するのは3月の時期になります。

 

しかし、良い物件を探すのは1月からスタートすると時期的にバッチリです。

 

このブログの「賃貸物件の探し方」

のアクセスも1月に入ると同時に

上がったところを見ると2017年の今でも変わっていない証拠です。

 

これは、要するに不動産投資もこの時期が狙い時になります。

個人投資家はこの時期を知っているでしょう。

 

不動産=賃貸物件に入居するタイミングが今と言う事は不動産投資も今となります。

焦ってはいけませんが、もう勝負は決まっている可能性もあります。

 

不動産屋も1月から物件探しを

始めた方がいいと述べており

有名な雑誌にも出遅れないために1月が最適と記載がありました。

 

もちろん、半年前くらいがもっと良いのですが、今でもまだ大丈夫です。

昔にも記載しましたが、「自分が良いと思う物件は皆から見ても同じ」です。

 

個人投資家にとって1月が有利なのか?ここが勝負するべき時なのか?

 個人投資家は1月が最適と上記に記載しましたが

それは賃貸物件に入る人が多いので、収益が出やすいかも知れないと言う話しです。

 

結局は投資は「時間が掛かる」+「焦ってはいけない」が原則です。

今ある収益を気にする様では、未来の収益を期待する事はできないでしょう。

 

基本的に長期スタンスで融資の

タイミングもはかって、無駄なお金の使い方をしない事です。

 

どこが勝負時なのか?はマーケット勝負です。

時期などありません。駄目な時、良い時を見ないと一生稼げないはずです。

 

何となくそれが理解できないと不動産投資は危険です。

この様に1月に入居者が多くてもそれが勝負時なのか?は分かりません。

 

単純に「入居者が多いから収益が出る」のなら、投資本もそんなに売れないです。

理由は簡単になってしまいますよね?

最初から入居者が多い3月を狙えばいいと言えてしまいます。

 

この間違いは素人には分かりにくいですね。

私の意見だけでは弱いので、他ブログやサイトの方の意見も記載しましょう。

・投資はじっと待つとオトク!

・利回り15%以上を狙え!→狙うな

・資金管理が重要!

・最終的にはパートナー

・不動産会社で全てが決まる

・不動産をきちんと管理できるかどうか?(管理能力)

 

こんな感じです。片方では「OK」と言う意見も片方では「NG」

言いたい事は分かるのですが、おそらく調べる方はそのまま鵜呑みにします。

 

利回り10%以上でもいいんです。

但し、立地や収益物件かどうかを見ろといいたいのです。

 

「利回りだけ見るな」「利回りが良ければいいとは言っていない」

こう答えているのが「利回り15%を狙え」派です。

 

逆に利回り15%を狙うなと

言っている人は「利回り15%なんて立地が悪いから止めとけ」

と言いたいのです。

 

どちらも間違っていません。

どちらも納得する答えにすると

・利回り15%以上で駅から近い!家賃も安く、商業施設も最高!

・上記に加えて、閑静で学校、会社から近い!

・更に病院やお隣も最高の人!

これなら納得するでしょうが・・・・こんな物件は誰でも狙います。

 

投資家としてこう皆は言いたいのですが

そうも行かないですしこの考えを持った上で利回りを気にしてほしいそうです。

 

利回りが良い方がいいからじゃあそれを狙おう!

ではなく、静かで~駅から近い人に最適!で狙うのではなく

全部含めて、「時間は掛かっても収益が出る物件」を狙うのが基本です。

 

素人がプロには勝てないのか?不動産投資や個人投資家が通る道

プロに勝つ方法はいつもあります。

個人投資家なら誰でもプロに勝てるなら勝ちたいでしょう。

 

しかし、ハードルは高いです。プロは時間の使い方が上手いです。

プロに勝つために日々努力するのも良い方法です。

 

長期的な目線で見ている中で短期的に資産価値を出す方法を見付けるのです。

プロは短期で結果を残します。適当にやっている人はとても敵いません。

 

「何故、差が付くのか?」これが重要です。

一日の時間は同じです。動き方や経験など時間の使い方が全く違うと言って良いです。

 

個人投資家が投資のプロに勝つのは

ほぼ不可能と言われますが「本当の優良物件」が分からないと尚更です。

 

又、融資もプロは信用があります。素人はありません。

他のサイトで見たのですが銀行は融資を失敗したくないそうです。

 

アパートローンを組んで

不動産投資をする人はいっそう厳しくなると思って下さい。

株投資の場合は違いますが、不動産投資の人は注意です。

 

サラリーマン大家の言葉が2016年

はテレビでもCMをする程でしたが今は見ません。

 

2017年のサラリーマン大家の現状が厳しい証拠です。

あなたが悪くなくても現実にはアパートローンを滞納する人が大勢います。

 

その結果から銀行が融資について厳しくなったりと現状は変わります。

 

決して2016年と同じ様に行くと

言う考えは持たず、「もしも」を考えて行動しましょう。

 

では、また次回!!