不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

賃貸の家賃交渉のコツとタイミング【知っておくべき事】

賃貸の家賃交渉のコツとタイミング【知っておくべき事】

 

賃貸の家賃交渉のタイミングはいつなのか?

家賃交渉にコツはあるのか?

 

答えはイエスです。

 

賃貸探しをしている時に将来の不動産として考えている

なら家賃交渉も入居前に知っておくべき事なのです。

 

家賃交渉をする事が出来るならどんな点で家賃を

下げる事が出来るのか?と言うと

基本的に敷金と礼金です。

 

契約更新前に家賃交渉が出来る事も重要

ですが、入居前に出来る事も同時に重要です。

 

不動産の事なら不動産屋だから家賃交渉も不動産屋かな?

と思うかも知れませんが、実際には大家さんです。

 

不動産屋だからと言って不動産や賃貸の事を何でも任せてしまう

のは考えものと言う事でもなく、不動産屋は不動産を紹介するだけ

です。(基本的にはですが)

 

しかし、現実に見ると営業マンの力で入居前に家賃交渉を

してくれる可能性もあるので、最初から狙うなら

「横柄な態度を避けて、謙虚に」行きたいです。

 

不動産屋の営業マンも不動産を紹介する身として

確実に家賃交渉のコツとタイミングを知っています。

 

自分は素人と言うのであれば、家賃交渉のコツ

とタイミングを熟知している不動産のプロに任せる

のも良いでしょう。

 

不動産屋は賃貸探しをしている人の最大の味方だと

考えて、賃貸の事を何でも任せてみたいと言う気分

にもなるはずです。

 

家賃交渉をするならコツとタイミングを知っておか

ないと、後々失敗したと思ってしまうので失敗しない

様に考えておく事も大切なのです。

 

家賃交渉の5000円が目安って本当?いくらから?

正直に言って、やり過ぎの家賃交渉をするのはコツとしておすすめ

しません。

 

家賃交渉を失敗しないタイミングとしては、入居前、契約更新時

などがあります。又、2万円、3万円、もしくは更にもう5000円

など家賃交渉するとまずいのです。

 

そういった感じに家賃交渉すると大家さんも支払いが出来ないかも

知れないと思い、審査に通らない可能性もあります。

 

話しを見出しに戻すと、家賃交渉の相場は5000円が目安と言われている

のは本当なのでしょうか?

家賃交渉をした人の例を下記にまとめて見ました。

 

・1000円~2000円がいけると言われている

・契約更新時に5000円の値下げが実現した

・3000円~と言って5000程に成功

・1000円~2000円の家賃交渉をして下げてくれたら

 すぐに入居すると言ったら下げてくれた。

 

特に一番下の家賃交渉はもの凄く重要なコツです。

 

不動産と言うのは、経営者がいます。大家さんが経営者だと

考えて下さい。家賃収入が会社の利益です。

 

大家さんは経営者なので、家賃収入が自分のお金になります。

(厳密に言うと少し違いますが)

 

入居してくれる人がいると言う事は収益が増えると言う事です。

そのため、多少の家賃交渉をされても、入居を許してくれるのです!

 

と言う事なのです。

 

~まとめ~

しっかりと家賃交渉のコツとタイミングを見計らって

相場の1000円~5000円の幅も覚えておいて

家賃交渉するのがコツです。

 

不動産のプロである不動産屋も味方において

すぐに実践出来る様にこのブログを何度も見返す

のも良いでしょう!

 

ではまた次回!!