読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

不動産屋に最初に行く事で失敗する事

不動産屋が言いたくない賃貸物件の探し方

不動産屋に最初に行かない理由として、色々な見解がありますが、実際にネット上を探

しても、情報誌(駅などにある事もあります。)などを見てもイメージが湧かない場合

には、専任のアドバイザーなどの意見を聞いてみるのも重要です。

 

そもそも、不動産屋に最初に行かないと言うのは物件探しのコツともなっており

これを知っているかいないかで人との差を付けられるかどうかが決まります。

 

では、実際に不動産屋に行くとどうなるのでしょうか?

 

1、不動産屋は営業のプロのため、営業を掛けられる可能性がある

2、何をしに行ったのか分からなくなる

3、営業マンの質を見分ける能力がない

4、紹介された物件の周辺環境を知らないと質問に返答出来ない

 

など詳しく紹介して行く予定ですが、多くの知っておきたい情報があります。

 

特に時間が限られている人にとっては日曜日が休みの不動産屋がある事などは頭に

入れておきたい情報の一つです。

 

「2」の何をしに行ったのか分からなくなると言うにはせっかくの時間を無駄にして

しまう事にあり、希望の条件がまとまっていない時に起こる事です。

スポンサーリンク
/   /

 

絶対に希望の物件に住みたい場合などにはこちらからアタックを掛けられる強みを持

つ事が大切です。

 

「3」の営業マンの質を見分けられない事は致命的です。

実を言うと、営業マンによって紹介する物件が違います。

 

これは会社で「この物件がおススメ!」と

言っている物とはまた違います。

 

この時に重要なのは「大家について聞く事」であり、

ポイントの1つとして覚えておきましょう。