不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

無職で賃貸物件の入居審査は通る?保証人なし、求職中ならどう?

無職で賃貸物件の入居審査は通る?保証人なし、求職中ならどう?

f:id:tuieoyuc23:20160502203053j:plain

無職で賃貸物件の審査に通る?と単純に言われたら通るとしか答える事ができません。様々な理由がありますが、特例として認めてくれる事もありますし、家賃さえ支払ってくれれば問題ないと考える家主もいるからです。

 

あなたが家主だとして例を挙げてみましょう。遮音性全くなしの物件だとします。普通に仕事していても楽器を使って夜中にガンガン響かせる人ともう少しで仕事が決まる事を言ってきてとても誠意のある人ならどちらを選ぶでしょうか。

 

どちらも選ばない選択もありますが、どちらか、だとしてです。

 

 

1、無職で入居審査を通した例は数多く存在する

答えは先に言いましたが、特例では意味がありません。インターネットにもありますが、通った人はどんな基準をクリアしたのか見てみましょう。

 

代理契約(家族名義で契約)

代理名義と言えば保証人などが思い浮かびますが、家族や親族が契約すれば問題ありません。簡単に言うと学生が契約する時と同じです。学生が家賃を支払う訳ではなく、親が払う事が大半です。

 

「社会人だから自分で」はただの先入観です。家主は家賃の支払いが絶対条件です。これは不動産投資の意味でそうなります。詳しくは省きます。

 

先にも記載しましたが、代理名義なら「この人は大丈夫だな」と家主も信用してくれます。契約は信用が第一なので、これで基準をクリアできます。

 

貯金額が多ければ信用される

代理名義と同じで信用=家賃の支払いです。貯金額があると言う事は家賃が支払える事になります。そのため、貯金額が多ければほぼ基準はクリアです。

 

単純過ぎると言えば単純過ぎますが、家主は家賃を収入源としています。もっと前に返れば不動産投資をしているのが家主です。家賃を支払う人を信用しない訳がない、とそう言う事になります。

 

2、無職で入居審査が通るか?は人による

人によると言うのは本人のせいではなく、家主の方の問題と言う意味です。質問掲示板にありましたが、「最初からダメ」の人もいれば上記の様にお金の問題だけでOKの人もいます。

 

25ヶ月分あればいい入居審査に通ると言われていますが、正確な数字は算出できません。1年あればいいと言う人もいれば、3ヶ月は欲しいな~なんて人もいます。さらに言うならお金がなくても「仕事決まったんです」の一言でOKの人もいます。

 

最終的には誠意ある人が勝つ市場ですが、ないよりあった方がいいのは確かでしょう。