不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

賃貸の部屋に網戸がない!?確認が大事!

賃貸の部屋に網戸がない!?確認が大事!

 

賃貸探しで部屋を見る時に注意点でもある網戸。

賃貸物件を見る時には網戸の有無を確認

する事が一番大事かも知れないのです。

 

網戸が付いていないと言う賃貸物件もあり

非常に不便な思いをしている人も

いる様なのです。

 

特に賃貸物件の場合は、構造的に虫が入って来る可能性

を十分に秘めていますので、網戸の有無が勝負を

決めると思って下さい。

 

付いていないなら付ければいい、と言う考え方

も大家さんの意見で一蹴される可能性

もあるのです。

 

「付いてないけど付ければいいや」と

言う甘い考えが後で後悔を引き起こす事

になるのです。

 

実際に網戸が付けられず、バンバン虫が入って来た!

と言う人もいるので、確実に気にしないといけない

部分なのです。

 

虫なんて別にどうでもいい、と言う人はいいですが

虫を気にする人は賃貸探しの際に網戸の有無を

確認しておきたいです。

 

更に夏になると、網戸がないせいで窓を開けられず

暑過ぎると言う自体になり兼ねないのです。

 

季節によって冬も駄目、春も虫、秋も虫、夏も虫・・・

冗談じゃないと言う人もいるのです。

 

どうしても付けたいと思っても契約書を持って大家さんに言っても

なかなか難しいところみたいなのです。

 

そのため、付けたい時には付ける事を許して貰うしかないのです。

「現状回復」と言う形で取り外す事も考えて費用を決めて下さい。

 

内覧のチェックリストに入れるのも

いいですが、入居前に聞いておく

のが最もトラブルを避ける方法です。

 

業者にお願いすると網戸一つでも

数千円掛かると情報があるので

賃貸アパート、マンションといえど油断はできません。

 

一部では東京ルールと記載があり

消耗品扱いになっている物件も

あるそうです。

 

貸主負担か自分達の負担かハッキリ

させておくと入居前が安心できます。

 

誰に連絡するのかが重要なんじゃないか?

と疑問に思う人もいますが、管理会社に

連絡するのが一般的です。

 

借りている部屋なので、勝手な行動を

されると迷惑だって人もいます。

 

管理会社に電話、大家さんに一言。

忘れずにしましょう。

 

大事なのは「自己負担します」の

言葉です。良い人なら負担して

くれますが、こればかりは言ってみないと分かりません。

 

網戸の張り替え一つで何で迷惑・・・

と言いたい人はいるでしょう。

 

しかし、「不動産投資」と言うビジネス

が掛かっていて、結構、網戸一つで費用面とかが重要になるのです。

 

大家さんの資産の一つと考えて

もらえれば、理解できるかも知れません。

 

と、言っても「そんな事知らない」に

普通はなります。私達がやる事は管理会社

に連絡、大家さんに一言、自己負担(かも知れない)の3つです。

 

初めから網戸を付けられない賃貸に注意!!

不動産屋でも確認出来る事ですが、網戸を元々付けられない賃貸

もあるのです。

 

これはそもそも、付ける事が不可能となってしまうので

非常に厄介なのです。

 

不動産屋では設備となっているかどうかが重要

なのです。理由は大家さんの負担となるからです!

 

大家さんの負担になると言うのは文字通り

修理、設置、全てが自分でお金を支払う

事はなく、何もしなくて良いのです。

 

これでまた、費用面で違いが出ます!

お金を気にする人はこの点も要注意

なのです!

 

網戸についても不動産屋が言いたくない

部屋探しのテクニックとして

非常に重要な分野です。

 

実は、網戸のレールは追加する事が可能であり

賃貸マンションでも賃貸アパートでも十分出来る

のです。

 

今住んでいる賃貸物件にないから引っ越そう

と言う考えになってしまった人は諦めずに

大家さんに相談→追加レールを見て見る

などの希望はあるのです。

 

~まとめ~

賃貸に網戸がないと言う状態でも大家に相談又は追加で

大丈夫になるかも知れないのです。

 

どうしても、網戸が付いていないと嫌だと思って

部屋探しの範囲を縮めなくても良いのです。

 

元々、付いているかどうかを不動産屋で確認

して、自分の目で内見、下見の際に

しっかりと確認しておきましょうね!