不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

不動産アプリを選びたい!部屋でスイスイ探せる5個!

不動産アプリを選びたい!部屋でスイスイ探せる5個!

f:id:tuieoyuc23:20170331012048j:plain

不動産アプリなんてどれも一緒!

どれでもいいよ!

 

と不動産アプリの探し方を諦めていませんか?

いい部屋、いい物件を探すには手元も重要です。

 

移動しながら、部屋にいながら・・・・。

たくさんの時間もあって、たくさんの部屋も見たい。

そんな考えをまとめてくれるのが不動産アプリです。

 

昨今の時代では、ピッタリの部屋が見付かる

不動産アプリも揃いに揃って、数も多いです。

 

前置きはこの位にして、早速各アプリのメリットとデメリットをご紹介!

 

 

1、いい部屋ネット、SUUMO、CHINTAIのアプリはある

いい部屋ネット・・・・iPhoneAndroidあり

SUUMO・・・・・・・上記と同じ

CHINTAI・・・・・・・上記に加えてiPadあり

HOMES・・・・・・・iPhoneiPadAndroidあり

 

賃貸物件検索11社をまとめての題名のアプリはiPhoneiPad専用です。

物件数をまとめて一括検索できて、日本一と記載があります。

掲載物件数も納得の1000万件を超えているアプリです。

 

一見すると、ただのインターネット

サイトの題名に見えますが実は

11社を一括比較できる専用アプリです。

 

まず、最初にどのサイトを見るか?

ではなく、まとめて比較できるため

非常に優秀なアプリと言えます。

 

賃貸物件や賃貸マンションは他のサイト

と共有の物件と独占物件があります。

 

しかし、このアプリの場合には

物件が被る事なく11社(SUUMOやCHINTAIなど)

をまとめて検索できるので、とても便利です。

 

「いい物件だなあ!」と思った瞬間に

「また、同じ物件か!」と思う事がなくなるため

個人的に凄くおすすめできるアプリです。

 

このアプリの欠点は11社をまとめて検索する

ため、どこの企業なの?と混乱する事や

あまりにも多い物件数に目移りする事です。

 

どのくらいの物件が不動産市場にあるのか?

を調べたい時には必要になりますが

いざ、決めるとなると迷うかも知れません。

 

いくらおすすめできるアプリでも

自分に合っていなかったり余計な物件

まで検索に出て来るのではいつまで経っても決まりません。

 

それならいっその事、掲載数の少ない独自企業で

物件を探した方が遥かに早く、もしくは自分の希望

を決めて不動産屋にピックアップして貰った方がいいのです。

 

現在の不動産市場でアプリのない会社はほぼありません。

電車の中でも家の中でも満足の行く部屋探しができる

様になっています。

 

どれが最高のアプリなのか?と言えばもはや感性

の問題です。

 

どのアプリもアプリらしくまとめられており

あえてデメリットを上げるなら

画面が小さく、見にくい事です。

 

2、SUUMOアプリは部屋でスイスイ探せるのか?

賃貸物件を借りる、もしくは買う時に

不動産アプリはとても役立ちます。

理由は簡単にまとめられているからです。

 

SUUMOアプリをDLして探して見ましたが

賃貸物件→住んでいるところを選択

→駅やエリア、通勤通学、路線図から探すの項目になります。

 

なぞって探すと言う謎の項目は地図をなぞって探す形です。

正直、部屋でスイスイ探すのは簡単でした。

しかし、SUUMOの公式サイトと比較するとアプリの方が簡単です。

 

簡単と言うより、ごちゃごちゃしていないので

すぐに物件探しに移れます。

 

公式サイトだと少し戸惑うので、慣れるまでちょっと時間が掛かります。

アプリにはコラム記事(役立つ情報)がなく、公式サイトの方が

面白い作りをしています。

 

SUUMOを使ってどうなのか?

住宅ローンシミュレーターをやりたい!

など他に希望がある方は公式サイトがおすすめです。

 

あくまで、SUUMOアプリは「探すのは分かりやすくスイスイ♪」でした。

 

3、いい部屋ネットのアプリはおすすめ?

いい部屋ネットのアプリは、アプリを開いた途端に

エリアから探す、沿線から探す、通学通勤時間から探す

の項目があります。

 

他にフリーワードから探す、現在地周辺から探すとありますが

使うのは、どれでもいいと思います。

 

大体、どのアプリも上記の項目と

なっている事が分かりますが

やはり、公式サイト(WEBサイト)に劣るのは仕方ありません。

 

しかし、通信速度も速く電車内やお風呂に入っていても

片手で探す事ができるのは評価点です。

 

アプリのDL画面で掲載されている通り

写真で物件を見れるのは良いところです。

 

アプリ内で検索して行くと

路線→駅名と指定できます。

 

その後に家賃や間取り物件種別、徒歩時間、築年数

を細かく指定できます。

 

これは、公式サイトでもできる事ですが

アプリでも可能です。

 

記載しているととても良いアプリに見えますが

ペットと一緒に暮らしたい!

敷金0物件から探したい!と言う更に細かい情報はありません。

 

最後の最後までこだわりたいならやはり

インターネットサイトが一番です。

 

4、結局、どれも一緒なの?

CHINTAI、HOMESと見ましたが

2016年でベストアプリとなっている

のは、「HOMES」でした。

 

見た目的にはどれも変わりませんが

HOMESには「やることリスト」

 「お気に入り物件をPCと共有」などがあります。

 

他にも「Tablet Wear」に対応していたり

面倒な入力は一回で済むなどが好評だったのでしょうか。

 

ユーザーの評価にはプルダウンなどを使用して欲しかった

などの評価もあります。

 

忘れがちな事や住み替えでやるべき事が一目で

分かる様にもできます。

 

こうした流れは他のアプリにはない良い点です。

特に他にはない、価格の上限を決めるなど

の項目は魅力です。

 

少しでも細かく指定できるHOMESは優秀の部類に入ります。

 

HOMESアプリのメリット

・ペット可(相談)が見られる

・新築や築浅物件が見られる

・保証人不要の物件が見られる

・6万円以下の快適物件が見られる

・デザイナーズマンションやタワーマンションが見られる

 

普通の借りるの項目や買うの項目の他に

上記の様に細かく分けられており

好きな条件から少しでも調べやすい様になっています。

 

いい部屋ネットやSUUMOにはない機能で

アプリとしてここまで細かい条件設定は

そう簡単にありません。

 

2017年~2018年もHOMESのアプリには期待が高まります。

 

では、CHINTAIの方はどうでしょうか?

 

アプリを開くと見た目的にはあまり良い感じではありません。

しかし、各項目をタップした後の画面で一番下を見ると

こだわり条件があります。

 

これをタップすると、本当に「こだわり条件」から探せる

様になっており、この機能は素晴らしいです。

ここまで細かく指定できるとユーザーにとっては嬉しい仕様です。

 

細かく調べたい!アプリってどんな風に探せるの?

と言う方におすすめできるかも知れません。

 

5、どのアプリも使ってみると、感想が決まる

どのアプリも無料です。

ざっと、DLしてみて

やっぱり、これがいいかな?で決めるといいです。

 

上に記載した情報を見て、参考になれば幸いです。

と放置するのも何ですから今度はネットの意見で

まとめてみましょう!

 

【ランキング】

 ・イエプラ

・賃貸物件検索11社比較(上記で紹介したアプリ)

・学校名で部屋探し2016

CHINTAI

 

となっています。順不同ですが、検索結果順位で

高い位置にいるサイトを見ると、11社比較と

イエプラは結構評判が高いです。

 

ランキングはかなり適当っぽいので

HOMESの2016年ベストアプリを

検討してもいいと思います。

 

公式サイトには、スマートITマガジンや

meeti、APPEVIEW、@DIMEで紹介されたらしく

情報網も確実です。

 

嘘を付いていれば、HOMESの信用に

関わりますし、法律的に問題になります。

 

そのため、この4つの情報源で紹介

されたと言うのは本当の事でしょう。

 

とは言え、HOMESにこだわって欲しい訳ではありません。

賃貸情報と言うのはどのアプリも役立ちます。

探す時間は適度にして物件を見に行くのが一番です。

 

2017年~2018年度に掛けて

部屋探しにアプリが役立てば光栄です。

 

では、また次回!!