読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産の全てが揃う情報広場【賃貸、投資、シンプルライフetc.】

部屋探しのコツと不動産+【賃貸の探し方】では部屋探しを始める前に知っておきたい事、インターネットが落とし穴になる事、部屋探しのタイミング、不動産屋に最初に行く事で失敗する事、不動産屋が言いたくない事や賃貸住宅の良さや探す時に注意したい事などを公開しています。部屋探しをする時に絶対に知っておきたいポイントも記事にしています。

不動産投資を失敗したら人生が終わる。知らないとやばい失敗への道

不動産投資を失敗したら人生が終わる。知らないとやばい失敗への道

f:id:tuieoyuc23:20160422201447j:plain

不動産投資に向き不向きなんて関係ない、そう思っていませんか?

 

まず、不動産投資はお金を儲けるもので簡単に考えると痛い目を見るものです。

専門家がセミナーなどを開いているのを知っているかと思いますが

簡単に稼げるなら不動産セミナーの講師などやらずに稼ぐはずです。

 

神経質、不動産投資を疑う人、リスクを回避する方法を知らない人

かなり、不向きだと言う意見もあります。

 

更に言うなら、リスクを考え過ぎる人は駄目とも言われます。

リスク云々を考えて、行動をしない人。

これが一番悪いパターンです。

 

下記では、失敗した事例とそのパターンを挙げて追及記事と

そうならない方法を説明致します。

 

不動産投資【失敗事例とパターン】

  【 立地条件が合わず、入居者募集が上手くいかない】

最も多く、悩むパターンなのがこれだと言われます。大体の人が不動産屋に

「この物件良いですよ!」と言われて、じゃあそうしようかな?と簡単に

考えてしまい、このパターンにはまります。

 

物件が一人暮らし用の物件で、入居者が決まったとします。

その人が出て行った後に何ヶ月空き室になる可能性が

ありますか?

 

入居者が決まらないまま、何ヶ月か先で決まる。更に、また出て行って

今度はリフォーム代金。せっかく、不動産屋を信用したのに、その業者

は忽然と姿を消していた・・・。最悪ですね。

 

部屋はずっとそのままで次の人が入ってくれると思うのでしょうか。

自分で入居するなら、リフォームは当然!エアコン当然!スーパー

ないと話しにならない!と思いませんか?

 

そうなのです。自分が住みたいと思えないといつまでも

空き室が続きます。

 

更に、空き室などをリフォームする代金を考えていますか?

不動産投資の失敗事例の一つですが、かなりやばいレベルです。

 

実は、不動産屋が裏で良い物件なら買ってしまっている事

をご存知でしょうか。

 

不動産でこれ位出るかな?みたいなのを利回りと言いますが(正確には違います)

利回りが良ければ、不動産屋が買うと思いませんか?

 

不動産屋を信用してしまう事が罠と思って下さい。

・何故、その物件で良いのか?

・何故、収益が出ると思うのか?

・立地はどうなのか?

・自分が住みたいと思うのか?

・近くのスーパーなど利便性はどうか?

・リスクは?入居募集の感じは?

・空き室保証って知っていますか?

・購入する業者選びが大事って知っていますか?

 

上記にも記載しましたが、リスク回避が大事です。

しかし、考え過ぎもタブーなのです。

 

 

【慣れた頃に自分の欲を優先してしまう】

そのままで良かったのに・・・と言うパターンです。

初心を忘れた人に起こる事ですね。リスク回避を考え過ぎてない

どころか、もはや考えていないパターンです。

 

お金が関わっている事は怖いと知りながら、つい欲を優先してしまった・・・。

本やインターネットなどに影響されて、自分で余計なアレンジを加えて

しまい、更にそれを調べずにやってしまった・・・。

 

知識を蓄えて、実践してみようとする行動力は素晴らしいです。

しかし、リスクを考えていたでしょうか?惜しいところなのです。

 

せっかくの努力する想いが少しの油断から損失をしてしまう・・・。

単純に少しでも疑いを掛ければ良かったのです。

 

正直、反省して下さい、と不動産屋に言われても変ではありません。

 

儲けていたとしてもリスクを考えて考え過ぎない事が大事です。

 

また追加します。

 

では、また次回!!